無理なダイエットは身体を老化させてしまいます

ダイエットは身体を老化させる

ダイエットというと、まず食事制限をする女性がとても多いです。

 

しかし、カロリーを抑えるだけのダイエットは体重とともに筋肉も落ちてしまい、バストやヒップはもちろん笑顔を支える表情筋も衰えてしまいます。

 

さらにこれが肌のたるみを引き起こし、見た目がどんどん老けていってしまいます。
また、食事量が足りないと便秘がひどくなってしまい、便が腸に詰まると腸内環境が悪化して血液が汚れそれが全身にまわるため、結果的にアダが汚くなります。

 

毒素が体内に吸収されてしまうためとても危険です。

 

また、BIMが18.5以下になる低体重の女性は、血液中の脂肪量も低下するため肌にハリがなくなったり髪にもコシがなくなったりします。
低体重の女性は活性酸素により細胞を傷つけ、卵子を育たなくてしてしまうため不妊になるリスクもあります。(障害や流産、早産も)

 

また、女性ホルモンの量も減少し、骨ももろくなって骨粗しょう症のリスクが高まります。
このように、無理なカロリーダイエットは女性を美しくするどころか老化を早めてしまうだけなのです。

体重がすべてではない

痩せている=体重

 

と見てしまいがちですが、実は体重は単なる数値にすぎません。

 

たとえば同じ質量なら筋肉は脂肪より1.2倍も多くBMIと体脂肪率を目安にしたもの。

 

メリハリボディの基準は体脂肪率21%。
17%以下になると月経が止まることもあるので注意が必要です。

 

 

また、見た目が細いのに内臓に脂肪が溜まっている隠れ肥満も要注意。
人間の身体の約60%は水分です。
女性は生理前に水分を身体に溜めこむ性質があるため月に2kg前後体重が前後するのが普通なのです。

 

体重に振り回されて一喜一憂するのは危険なのです。

 

 

計算式

BMI= 体重kg ÷ (身長m)2
 適正体重= (身長m)2 ×22

※BMI指数は、22の時に最も病気になりにくくなります。
肥満度が高くなると、生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症)の確率が高くなります。