食べ物 クマ

クマを消す食べ物

クマには血行を促進する鉄や葉酸などの栄養素を摂るようにしましょう。特にむくみによるクマは塩分の摂りすぎが原因のことも。小豆や麦を食べるようにしましょう。また、色素沈着によるシミに近いクマはメラニン生成を抑制する「ビタミンC」を摂取するようにしましょう。

 

鉄を多く含む食品

  • 鶏レバー
  • 高野豆腐
  • パセリ
  • はまぐりの佃煮
  • 牛肉
  • ひじき
  • あさり
  • がんもどき
  • 納豆
  • 小松菜
  • ほうれん草
  • ルッコラ
  • たまごの卵黄
  • しじみ
  • うなぎの肝
  • 湯葉(生)
  • コンビーフ缶
  • 煮干し
  • 赤身マグロ

葉酸を多く含む食品

  • 焼きノリ
  • 鶏レバー
  • 豚レバー
  • 牛レバー
  • 菜の花
  • 枝豆
  • モロヘイヤ
  • アスパラ
  • キャベツ
  • ルッコラ
  • パセリ
  • よもぎ
  • 納豆
  • ケール
  • 抹茶
  • 畳いわし

ビタミンCが多く含まれている食品

  • 赤ピーマン
  • 黄ピーマン
  • 菜の花
  • カブの葉
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • ゴーヤ
  • ピーマン
  • ミニトマト
  • トマト

クマはタイプによって対処法が違う

青ぐま

仰ぐまは血行不良が原因です。
睡眠不足や疲れなどからも起きてしまうことがあります。このクマの特徴は皮膚を引っ張っても消えないことです。
目の周りは皮膚が薄いので目立ってしまうだけで顔全体の血流が悪い状態です。血行促進系のマッサージやビタミンEや高麗人参エキスなどの代謝を促す作用がある栄養素も良いでしょう。

 

黒グマ

これは加齢によって起こるもので、たるみやむくみが原因です。また、塩分が多い食生活を送ってる方もなりやすい傾向にあります。
この種類のクマは食生活よりもスキンケアで治す方が良いでしょう。
基本的にはたるみ対策と一緒で、コラーゲンの生成を促す成分が配合されたものやレチノール(ビタミンA)でのケアが有効です。あまり目の周りをマッサージすると皮膚が伸びてしまう危険性もあるため、あまり過度なマッサージは避けましょう。

 

茶ぐま

これは色素沈着によるシミで、目をこする機会が多い方もできやすい傾向があります。
対策としてはシミ予防のスキンケア法と一緒になってきます。美白成分のビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキスなどが配合されたアイクリームなどを使うことをおすすめします。