食べ物 シミ

シミを薄くする食品

シミ対策に最も有効なのは、「ビタミンC」。
ビタミンCはメラニンの沈着を抑制し、シミを薄くする働きをします。ビタミンC配合のシミ予防化粧品も多いですよね。

 

ビタミンCはすぐに体内から排出されてしまうため、常に補給していくことが大切です。
また、ビタミンAにも注目。ビタミンAは、「レチノール」とも呼ばれこちらもシミ対策化粧品に多く配合されています。
新陳代謝を促しシミを排出する作用があります。ビタミンCと違うのは体内に蓄えておくことができるメリットがあることです。

 

ビタミンCとビタミンAを多く含まれた食べ物

ビタミンC ビタミンA
赤パプリカ 鶏レバー
黄パプリカ うなぎ
菜の花 モロヘイヤ
ブロッコリー 人参
かぶの葉 春菊
カリフラワー ほうれん草
ゴーヤ かぼちゃ
ピーマン 大根の葉
豆苗 うずらの卵(生)
糸みつば
キウイ にら
ルッコラ 小松菜
いちご かぶの葉
さやえんどう 菜の花
ネーブル チンゲン菜
パパイヤ プルーン
レモン ブロッコリー
カイワレ大根 ニンニクの芽
キャベツ
じゃがいも
トマト

化粧品によるシミ対策方法

シミ対策といえば美白化粧品です。
美白化粧品にはメラニン生成を抑制したり、薄くしたりする作用がある成分が配合されています。

 

美白成分にはいろいろな種類がありますが、どれがその人の肌に合っているか、効果があるかは試してみないと分かりません。
もしどれを選んでよいのか分からないという方は「医薬部外品」と記載されているものを選ぶと良いでしょう。
医薬部外品とは厚生労働省が認めている成分が入った化粧品のことです。

 

その中にはビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキスなどがあります。
特に美白成分は刺激が強く出てしまうものが多いため、ひとつずつ慎重に試してみるのが良いでしょう。テスターで試したり、美容部員の方に相談するのも良いと思います。

 

一方美容皮膚科でのシミ治療には、ビタミンC誘導体やカモミラETという成分が使われています。これらは抗炎症作用やアンチエイジング効果も期待できると言われています。
あまりに濃くなってしまったシミは化粧品よりも、皮膚科や美容皮膚科といったところでプロにお任せするのが良いかもしれません。